毛穴レスになるには洗顔が大切

毛穴レスになるには?

毛穴レスの肌というのは、
ゆで卵の様な凸凹のないキメが整いツルンとした状態のことですよね。

 

そんな状態だと化粧のノリもよく、メイクをするのも楽しいと思います。

 

若い頃は確かに卵肌だったのに、
いつの間にか毛穴が開きファンデーションもきれいにのらなくなってしまいました。

 

原因としては加齢による老化、紫外線の影響、乾燥、過剰な皮脂の分泌、
吹き出物やしわシミ等の肌トラブルで肌が弛み毛穴が伸びた状態になってしまいます。

 

その中でも過剰な皮脂を抑える事が毛穴の開きを解消するためには必要ですが、
過剰な皮脂を分泌させないためには、肌を保湿して肌の水分量を上げることがポイントです。

 

毛穴レスになるにはまず洗顔ですが、毎日のケアの中でも余分な皮脂を取り除く「洗顔」は特に重要です。
肌に優しく保湿力のあるものを選び、クレンジングは拭き取りタイプではなく肌に刺激を与えないようように洗い流す物をおすすめします。

 

洗顔方法

 

毛穴が開いてしまう原因は幾つかあり、そのタイプによってケアの仕方も変わっていきますが、共通して改善できる事があります。
エステやサプリメントなど、様々な美容に良いとされる事を試してきたけれど、中々改善しない。
その時は良い状態になるんだけれど、またすぐに元に戻ってしまう・・・という方、いらっしゃると思います。
そんな方は洗顔など、もしかしたら間違った方法で行っているかもしれません。
そこで、毛穴ケアには欠かせない、洗顔・保湿・食生活・ストレスの正しい改善方法について解説していきたいと思います。

 

 

洗顔といっても、そもそも洗顔料も様々なタイプが販売されています。
そして、洗い方や回数なども人それぞれに違いがあります。
皆さん共通の目的は、『肌の汚れを落とす事』ですよね。
しかし、今取られているその方法こそが逆に毛穴が開いてしまう原因となってしまっているという事も。
ここで是非、ご自分の洗顔をチェックしてみて下さいね。
ここでは、朝・夜とそれぞれの洗顔についてご紹介しますが、先にどちらにも共通して言える大事な要素をお教えします。
ずばりコレです。

 

 

【肌に負担を与えない洗顔を】
負担を与えずに潤いをキープ。これが毛穴の開きを改善していくにはとても重要な事です。
ついつい一生懸命になり過ぎて落とし過ぎ・・・なんて事にならないように注意しましょう。

 

 

【朝の洗顔】
起床後の朝の洗顔は夜に比べて外の空気に触れていたり、メイクをしている状態ではないですね。
なので、基本的にクレンジングはする必要はありません。
何の刺激も受けていない状態でクレンジングする事で、肌の潤いを落とし過ぎてしまい、却って乾燥肌の原因になります。

 

 

【夜の洗顔】
一日の終わりとなる夜の毛穴の状態は、メイクの他にも空気中にあるホコリや化学物質などの汚れが溜まっている状態です。
さらに、皮脂や古くなった角質も一緒に適度に落とす必要があるので、この時にはクレンジングを使用しましょう。
まずはクレンジングでメイクを落とし、その後に石鹸や洗顔料をよく泡立てて(こことても大切です!!)泡で洗うように優しく手を動かし綺麗にしていきましょう。

 

肌が水分不足にならないようにセラミドが含まれた化粧水を選び、朝晩はしっかりたっぷり使いましょう。
セラミドを配合した美容液は最も保水力が高く保湿効果があります。